たまたま入ったお蕎麦屋さんにて。

メニューを眺めていると。。。

『はみ出し天丼』2,000円

ちなみに、普通の天丼は1000円ですが、
こちらはその2倍の金額!

普段の私は、初めてのお店ではあまり冒険しないのですが、

「いったい、どんなものなのか?」

という好奇心から注文しちゃいました。

そして、届いたのがコレ!
確かに、はみ出しています(笑)

ものすごいボリュームで、商品名に偽り無しです。

 

どんな商品名でもこれを注文したか?

ボリューム満点の天婦羅を食べて大満足でしたが、
もし、この天丼の名前が

「上天丼」

とか

「天丼(天婦羅大盛)」

だったらどうだったでしょうか?

おそらく頼まなかったと思います。

”上”といってもどんな風に上等なのかが分からないし、
天婦羅が大盛と言われても「なんか胃がもたれそう」
とおもい、敬遠したかもしれません。

「はみ出し天丼」というネーミングだからこそ、
「どんな感じなんだろう」という好奇心を刺激されて
倍の価格なのに注文しました。

あなたの商品・サービスの名前は
相手の好奇心を刺激したり、
中身が分かりやすい表現になっているでしょうか?

もし、そうでなかったら
早速考えてみましょう。

商品名で利益も上がるのか?

ここまでお読みいただき、
商品名を変えると注文率がアップするのは
イメージできるようになったと思います。

そして、ネーミングを工夫すると
価値を感じやすくなり
単価をあげても注文してもらえます。

そうなれば、
当然、売上はアップします。

そして、利益はもっとアップします。

 

どいういうことかと言うと、
1,000円の天丼と2,000円の天丼では、
売上額は2倍の差がありますが、利益は2倍以上の差が出ます。

 

なぜなら、仮に材料費と運営費が、

<1000円天丼のコスト>
材料300円+運営費200円=500円

<2000円天丼のコスト>
材料費600円+運営費200円=800円

とするならば、それぞれの利益は、

1000円ー500円=500円(利益)

2000円ー800円=1200円(利益)

となり利益は約2.5倍の差がつきます。

人件費や家賃などの運営費は固定費と呼ばれ、
どの商品を売るのにも一定割合かかります。
(実際はもっと複雑ですが、分かりやすいように単純化しています)

ですので、お客様一人当たりの売上をアップされば
利益率はアップします。

客単価を上げる方法はたくさんあります

この『はみ出し天丼』の様にネーミングを工夫するだけで、
高額だけど売れる商品に仕立てることもできます。

また、何回も繰り返し来店してもらう工夫をすることで、
関係性が良くなり、信頼してもらえるので
高額な商品にも手が伸びやすくなります。

これは、初めてのお店では高い商品を注文しづらいけど、
慣れてくれば警戒心は無くなり、
お財布の紐も緩むということです。

まずは、商品の内容はそのままに、
お客様の購買意欲を刺激する
ネーミングを考えてみてはいかがでしょうか?

 

売れ続けるしくみ研究所
代表 原田泰僧