売上アップライターの原田泰僧です。

 

先日、スーパーで買い物したら、、、

▼レシートにこんなものが付いていました。

女性専用のフィットネスクラブの無料体験チケットです。

 

とんでもなくスゴイ特典です!!!!!

なんと、このチケットで1週間の間であれば
1回30分のエクササイズが無料で出来るとのこと!

最初、1時間かと思ってたのですが、
なんと1週間に何回も体験できちゃうんです。

これで興味がある人は何回も足を運び
納得したうえで入会するでしょう。

もちろん、あまりその気が無くても
インストラクターと仲良くなったり、
効果を実感するうちに気持ちが変わって入会する人も
現れることでしょう。

凄いのは特典だけじゃない

このチケットはマーケティング的な視点で見ても
バランスがすぐれています。

マーケティングの施策をする際は、
この3つの要素と優先順位をしっかり認識することが大切です。

1.リスト

2.オファー

3.コピー

 

リストとは顧客名簿のこと。

オファーとは、提供するモノのこと。
来店特典や特価商品、限定商品などです。

そして、コピーとは宣伝用の文章。
キャッチコピーや広告文章そのものです。

 

それでは、3つの要素を一つづつ見ていきましょう。

リスト

もちろん、リストはスーパーのお客様です。
お客様のほとんどが女性。
しかも、年齢層は高めです。

このスポーツクラブのメインターゲットは、
中高年の女性なので、
良質なリストをスーパーから借りているということです。

 

オファー

がかなり強力な形で入っています。
1時間無料ではなく、1週間の間、1回30分を何回も試せるんですよ!!

ちなみに、このビジネスの場合、
無料体験の人が何人来てもらっても
かかるコストにほとんど変化はありません。
だから、思い切ったオファーが出来る背景があります。

 

コピー

「当たり!」「無料」と言った、反応を取りやすい文字が並びます。
もう、凄いとしか言いようがありません。

 

あなたもチラシを配布する際は、上記の3点を意識してみてはいかがでしょうか?

 

いったいどの位の効果があるのか?

実際にこのチケットが使われる割合が
とても気になっています。

普通、この手の業種の新聞折込チラシでの反応率は0.1%以下です。

でも、この5倍くらいはありそうですね!

 

原田泰僧が作るチラシは上記のポイントをしっかり押さえつつ
費用対効果をしっかり考えた運用アドバイスをいたします。

売上アップライター
原田泰僧